calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives

教育研修の効果測定について

JUGEMテーマ:ビジネス

JUGEMテーマ:今日の日記

 

教育研修の効果測定について

〜おたくの研修にお金をかけたからといって、なんぼほど役立つの?〜

 

ご訪問いただきありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの林 恭弘です。

 

今回のタイトルは人事・教育担当者の皆さまから頻繁に尋ねられるポイントです。

それはそうでしょう。担当者の皆さまとしては大切な社員に教育を提供し、ビジネス・スキルの向上や人間的成長を支援し、その結果として業績を向上させる責任を負っていらっしゃるからです。

 

私たちコンサルタント(講師・トレーナー)はその目的達成に貢献するため、より良いプログラムの開発、実践的なカリキュラムの作成、わかりやすく面白いレクチャーの研鑽に全力を注ぐことは当然です。

 

そして教育効果の測定を実施する時に重要なことは、『行動の変化を調査する』ことです。

研修会や講演会の実施で陥りがちなことは、「良い話を聞いた」レベルで終わってしまうことです。

これは、「受講者の感想も良かったので意義のある研修だった」という評価をすることができるのですが、一方では「落語を聞いて楽しかった」という結果とほぼイコールではないでしょうか。

 

教育研修では、優れたカリキュラムと熟練した講師・トレーナーのガイドにより、『受講者の意識に変革を起こす』ことも重要ではありますが狃縞瓩任呂△蠅泙擦鵝

なぜならば、成果に変化をもたらすのは犢堝悪瓩世らです。

つまり、「部下とコミュニケーションを取る大切さはしっかりと理解できた。でも自分から話しかけるという行動は依然としてとらない」ということでは、何の変化も期待できないということです。

 

教育効果の測定をする時には、研修後のコミットメント(決意表明)だけで終わることなく、その後の行動レベルでの変化(実際に何を実践したのか)を明らかにすることです。

その方法は受講者自身の行動変化表(例:各メンバーに一日の中で何回話しかけたか等)を使用する、また職場メンバーからの(その受講者への)行動変化アンケートなどをとるのもよいでしょう。

少々、プレッシャーがかかる方法かもしれませんが、そこまで手間暇をかけて実施して、はじめて教育効果が上がるのではないでしょうか。

 

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
林恭弘より
 

 


Management License Program Vol.5

JUGEMテーマ:今日の日記

JUGEMテーマ:ビジネス

 

ご訪問いただきありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの梶浦正典です。

 

【例題◆
とある大企業の課長。

課内のコミュニケーションに問題があると感じている。

 

とにかく会話が少なく、最低限の報告しかしてこない。

課員同士も、隣にいるのにメールで会話しているように見える。

創造性あふれるアイデアを出してくることもない。

たまに提案があるかと思うと、基本も何もできていないような夢物語だったり、利益につながらず会社業績に役立たないものだったり。

ダメ出しされて奮起して、ブラッシュアップされた改善案を持ってくるかと思ったらそれっきり。

 

数少ない歓送迎会等の飲み会の場で、自分の経験談・成功体験を語って、なんとか部下のモチベーションを引き出そうとしているが、のれんに腕押し。

全く反応が感じられない。

 

「やはり、世代間のコミュニケーションギャップはいかんともしがたいのではないか」

「コミュニケーションが大切なのはわかるけれど、ゆとり世代を中心に部下のコミュニケーション能力が低く、話そうともしないのであれば、改善する方法は無いのでは?」

と悩んでいる。

 

☆さあ、この組織は、何が問題だと思いますか?どんなリスクを抱えていると思いますか?

 

〜続く〜


【数々の実例に基づくワークで、実務に活かせるマインドを引き出すManagement License program
無料体験セミナー開催!
https://jinjibu.jp/seminar/detl/41247/

 

全5回で、部下のココロ、家族のココロ、身近な大切な人たちのココロをつかみ、モチベーションを引き出せるようになる「ココロの運転免許取得講座」

オープンセミナースタート!

http://www.kokuchpro.com/event/ea2de6acca7feb7d9eb7acd58bdd62c8/

 

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
梶浦正典より
 
 


Management License Program Vol.4

JUGEMテーマ:ビジネス

JUGEMテーマ:今日の日記

 

【部下と上司の視点】〜だから不祥事は無くならない〜

 

ご訪問いただきありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの梶浦正典です。

 

普段、「なんでも相談にのるから、ドンドン言ってこい!」という上司に、

  • 新しい企画を提案したら、「全然業界のことがわかってない!勉強不足だ!」と、ボロクソに言われた。
  • トラブルの報告をしたら、「なんでそんなミスをするんだ!」と、なじられた。
  • 会議で自分の意見を述べたら、「俺が言いたいことはそういうことじゃない!」と全否定された。

⇒ この上司は信頼できない。もう二度と、提案するのも、意見するのも、相談するのもやめよう。

  言われたことだけをやって、とにかく、怒られないようにしよう。

 

カウンセリングをしていると、このような部下の立場の方からの相談は、非常に多いです。

一方で、上司の方からの視点は、全く違うものになります。

 

  • 自分のやるべきことを何もやっていない。現実逃避して、新規提案に逃げている。これはしっかりと教育しなければならない。
  • 何度も繰り返し指導したはずのミスを、またやっている。報告のタイミングも遅い。これはしっかりと教育しなければならない。
  • 会議での発言も、視野が狭い。全体が見えていない。明らかに経験不足、勉強不足。これはしっかりと教育しなければならない。

 

上司の言っていることも『正しい』。

決して「悪意」で部下に接しているわけではなく、むしろ、部下への「期待」「優しさ」なのかもしれません。

 

一方で、部下が、「この上司は信頼できない」と感じてしまったことも『事実』なのです。

 

こうして、現場におけるトラブル、問題点が上層部にあがってこない組織ができあがっていきます。

現場の正確な情報が入っていないのですから、経営は判断を誤りやすい。

そして、経営方針が、現場からすると、突拍子もない理想論に見えてしまうのです。

 

さて、この重大な問題のスタート地点は、上司は、部下の話を『聴いているつもり』だということなのです。

 

部下の話を「聴いているつもり」だし、未熟でおろかな部下を「優しさ」や「熱意」から指導してやっているつもりなので、どんな「スキルテクニック系」の研修を受講しても、『俺はできている』という認識なので、修正のしようがないのです。

 

Management License Programでは、まず、「上司の方が、優しさや熱意から、真剣に部下にかかわっていること」を受け入れたうえで、『聴けていない自分に気づく』ということを徹底的に行います。

周囲の人から見ると、自分はどんな人間に見えているのか。

非常にショッキングな内容からスタートします。

 

人間、自分が気づかないことは、修正のしようがないからです。

気づいた時に、初めて、コントロールが始まるのです。

 

〜【事例△悄杪海〜


【数々の実例に基づくワークで、実務に活かせるマインドを引き出すManagement License program
無料体験セミナー開催!
https://jinjibu.jp/seminar/detl/41247/


全5回で、部下のココロ、家族のココロ、身近な大切な人たちのココロをつかみ、モチベーションを引き出せるようになる「ココロの運転免許取得講座」

オープンセミナースタート!

http://www.kokuchpro.com/event/ea2de6acca7feb7d9eb7acd58bdd62c8/

 

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
梶浦正典より

 

 


Management License Program Vol.3

JUGEMテーマ:今日の日記

JUGEMテーマ:ビジネス

 

ご訪問いただきありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの梶浦正典です。

 

【前回まで】
とある営業所の所長。

厳しい指導の結果、その所長の在籍期間中は業績があがった。

一方で、この所長が転勤した後、顧客からのクレーム増加、所属員のコンプライアンス違反の発覚、所属員のメンタルダウン等が続出し、業績は低下していった。
次の所長は、社員のケア、業績低迷、顧客からの訴訟沙汰等々で奔走した。

さて、この二人の所長に対し、この会社はどんな評価を下したでしょうか!?

 

 

会社は、評価マニュアルに則り、業績を挙げた前所長に高い評価をくだし、業績が下がった現所長には厳しい評価をくだしたのです。

部下から「パワハラ上司」とみなされ、憎しみの感情すらもたれてしまった前所長は、そのまま出世してしまったのです。

それを見た所属員たちは、ますますこの会社の将来に期待を持てなくなり、モチベーションを失っていきました。

 

この例題には、さまざまなポイントがあります。

 

マネジメントにおける「マインド」「信念」の大切さ

前所長も悪意があったわけではないのです。勉強熱心で自分にも厳しかった。

しかし、決定的な問題点として、部下のことを一切『尊重』していなかったのです。

ダメな奴ら。

無能な奴ら。

無気力な奴ら。

このどうしようもない部下たちを、なんとかリーダーシップ、マネジメント、コーチング等のスキルテクニックでなんとかしてや  ろうとしていた。

ここに大きな問題があったのです。

 

人を動かす「ココロのエネルギー」の理解

『正しい事を言えば、人は動く。人はついてくる。』

こう、勘違いしている人が非常に多いことが残念に思います。

これは、とんでもない間違いなのです。

自分たちのことを「ダメでどうしようもない奴ら」と見ているような上司から、何を言われても、理解も納得もできないのです。

権力という恐怖におびえて、心ならずも動かざるを得ないだけなのです。

『不安と恐怖のマネジメント』は人間の危機感を煽り、短期的に業績を挙げることもあるので、注意が必要なのです。

※モチベーション理論「心のエネルギー=期待(実現可能性)×価値(欲求+危機感)

現代社会において、『不安と恐怖のマネジメント』は、長期的に見ればデメリットしかないのです。

『厳しくもあたたかい真のマネジメント』と、『厳しくて冷たい不安と恐怖のマネジメント』を履き違えてはならないのです。

 

評価・アセスメントの怖さ

公平性を担保するために、評価の基準は必要です。

しかし、基準に支配されると、大きな問題が発生します。

表面的な数字にはあらわれない様々な業績への貢献を評価することができるのは、人間の眼だけなのです。

プロセスや想い、数字にあらわれない貢献を

『観ようとすること』

『わかろうとすること』

そのマネジメントのマインドこそが、評価・アセスメントに公平性をもたらし、機能させるベースとなるのです。

 

〜【事例△悄杪海〜

 


【数々の実例に基づくワークで、実務に活かせるマインドを引き出すManagement License program
無料体験セミナー開催!
https://jinjibu.jp/seminar/detl/41247/


全5回で、部下のココロ、家族のココロ、身近な大切な人たちのココロをつかみ、モチベーションを引き出せるようになる「ココロの運転免許取得講座」

オープンセミナースタート!

http://www.kokuchpro.com/event/ea2de6acca7feb7d9eb7acd58bdd62c8/

 

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
梶浦正典より


Management License Program Vol.2

JUGEMテーマ:ビジネス

JUGEMテーマ:今日の日記

 

ご訪問いただきありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの梶浦正典です。

 

【前回まで】
とある営業所の所長。
自分に厳しく、他人にも厳しい、自他ともに認める会社の同世代のエース。
なかなか思うように動かない部下に対し、ヤル気がない、能力が足りない、やり方が悪い等々、不満を抱えていた。
ダメな部下をなんとか育成するために、自ら『コーチング』のスキルを学び、部下を指導していた。
契約が取れなかった部下に対しては、時には二時間近く、自分の机に呼んで、できなかった理由について『質問』し、自分が納得ができる答えを導きだし、必ず『明日から何をすべきか』を部下に『コミット』させていた。

さあ、この営業所、半年後にどんな状態になっていったでしょうか?

 

研修の中で、この例題を出すと、参加者の方から様々な予想がでます。

まあ、マネジメント研修なので、多くの方が「メンタルダウン」とか「業績低迷」といったことを想定されるのですが。

 

なんと!

業績はあがったんです!

短期的には。。。

 

この営業所長が異動したのちに、大きな問題が発生しました。

バーンアウトした営業社員のメンタルダウン。

数多くのコンプライアンス違反。

顧客からのクレーム。

それを受けての業績低迷。

次の営業所長は、社員のケア、業績低迷、顧客からの訴訟沙汰等々で奔走することになりました。

 

さて、この二人の営業所長に対し、この会社はどんな評価を下したでしょうか!?

 

〜続く〜

 

・マネジメントにおける「マインド」「信念」の大切さ

・人を動かす「ココロのエネルギー」の理解

・評価・アセスメントの怖さ

 


【数々の実例に基づくワークで、実務に活かせるマインドを引き出すManagement License program
無料体験セミナー開催!
https://jinjibu.jp/seminar/detl/41247/


全5回で、部下のココロ、家族のココロ、身近な大切な人たちのココロをつかみ、モチベーションを引き出せるようになる「ココロの運転免許取得講座」

オープンセミナースタート!

http://www.kokuchpro.com/event/ea2de6acca7feb7d9eb7acd58bdd62c8/

 

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
梶浦正典より

 


Management License Program Vol.1

JUGEMテーマ:今日の日記

JUGEMテーマ:ビジネス

 

ご訪問いただきありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの梶浦正典です。

 

とある営業所の所長。
自分に厳しく、他人にも厳しい、自他ともに認める会社の同世代のエース。
なかなか思うように動かない部下に対し、ヤル気がない、能力が足りない、やり方が悪い等々、不満を抱えていた。
ダメな部下をなんとか育成するために、自ら『コーチング』のスキルを学び、部下を指導していた。
契約が取れなかった部下に対しては、時には二時間近く、自分の机に呼んで、できなかった理由について『質問』し、自分が納得できる答えを導きだし、必ず『明日から何をすべきか』を部下に『コミット』させていた。

さあ、この営業所、半年後にどんな状態になっていったでしょうか?

〜続く〜


【数々の実例に基づくワークで、実務に活かせるマインドを引き出すManagement License program】
無料体験セミナー開催!
https://jinjibu.jp/seminar/detl/41247/


全5回で、部下のココロ、家族のココロ、身近な大切な人たちのココロをつかみ、モチベーションを引き出せるようになる「ココロの運転免許取得講座」

オープンセミナースタート!

http://www.kokuchpro.com/event/ea2de6acca7feb7d9eb7acd58bdd62c8/

 

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
梶浦正典より
 
 

 


『ほめられたい!!』人間はやはり承認欲求を求める

JUGEMテーマ:ビジネス

JUGEMテーマ:今日の日記

 

ご訪問いただきありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの林 恭弘です。

 

新年度がスタートし、入学・入社のシーズンになりました。

新入生も新社会人も新たな一歩を踏み出しますね。戸惑いながらも勇気をもってその一歩を力強く踏み出していただきたいものです。

 

さて、ここのところ企業・官公庁などの研修会において、当社が開発した『モチベーション・チェックシート』を使用したカリキュラムを実施する機会が増えています。

 

モチベーションとは『人が一定の方向や目標達成に向かって行動し、それを維持する働き』と解釈されますが、仕事においては目標達成や業務に必要な行動を支える『心のエネルギー』です。

 

当社ではモチベーションを次の10要因に分解して観察します。

・知識・技術   成果を挙げるために必要な知識やスキルの有無

・人間関係    人間関係が良好か

・評価・承認   適切なポジション、業績評価されているか

・コントロール  ある程度自分のペースで仕事が進められるか

・自己表現    自分の意見・アイデアなどを表現できる環境か

・価値      自分の仕事に価値や誇りを持てているか

・適職      仕事と自分の適性を感じているか

・他者期待    良いパートナーや仲間の存在、家族の応援などがあるか

・情動      面白みや達成感が感じられているか

・成長      チャレンジのしがい、成長実感が得られているか

 

それぞれ3問ずつの設問を設定し、合計30問の設問に答えることで実施した人のモチベーション・プロフィールが反映されるわけです。

もちろん、プロフィールグラフの結果は各人各様で、どの要因がモチベーションをさせているのか、あるいはどの要因がその個人内では満たされずモチベーションを阻害しているのかは現在の状態に委ねられています。

 

そこで、近ごろ再三にわたって見かけられたケースは、「自分は【評価・承認】の要因が最低点数になっていて、どうすればこの要因を上げることができるのかを知りたい」という受講者が続いていることです。

本人いわくは、「自分はどうも認められていないようで、ほめられることもないので自信が持てない」という感じ方をしているのです。

某製造業(中小企業)の研修会では、「もっと、ほめてくださーい!」と叫んだ社員さんもいらっしゃいました。

 

ところがその人の上司や人事担当者に話を聴いてみると、「彼(彼女)はたいへんよくやってくれている。能力も高いし、期待している」という意見なのです。

 

ここで私たちが学ばなければならないことは、「周囲の評価と、本人の満たされた感が一致していない」ということです。つまりはコミュニケーションにギャップがあるということです。

 

人間は『周囲からどのように観られ、評価されているか』ということを頼りに、自己認識(わたしはこのような存在である)を決定しています。だから言葉(コミュニケーション)がとても重要になるということなのです。

 

どうでしょうか?

家族だから、とか。いつも一緒に働いている社員同士、上司と部下だから、「ほめ言葉なんて、いちいち言わなくてもわかっているでしょ」「そんなことをあからさまに言うのは、ワザとらしいし照れ臭いものです」などと、伝えていないことが多いのではないでしょうか。

 

言わなければ伝わらない。

そして相手がどのように感じたのか、ということがコミュニケーションでは最も重要なのです。

遠慮せずに、照れながらでも、心からのほめ言葉や感謝の気持ちを伝えることが、職場のモチベーション・アップにはとても大切なのではないでしょうか。

 

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
林恭弘より

 


【全5回】〜ビジネスにも!プライベートにも!〜『ココロの運転免許』取得講座

JUGEMテーマ:ビジネス

JUGEMテーマ:今日の日記

 

ご訪問いただきありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの梶浦正典です。

 

全5 人生を170度変えるための心理学(ABC理論)

9月14日(木)18時30分〜21時(品川駅)

http://www.kokuchpro.com/event/89c104bd92f08c39810d2f3f2d9b1319/

 

私たちの心を悩まし、ストレスを与えるものは「出来事」ではありません。出来事が苦痛を与えるのではなく、その出来事に対する「認知(とらえ方、考え方)」が心の世界をつくり出します。
認知療法「ABC理論」に基づき、自身の固定観念や受け取り方、思考のクセについて学んでいく、悩みやストレスを乗り越える「強靭な心のつくり方研修」です。
『人生を大きく変えるきっかけとなった!』という感想をいただく、大好評のプログラムです。
●固定観念とは「気づいていない自分の考え」
●【ワーク】ビリーフ・チェンジで「しなやかな心」になる方法
●【ワーク】「やりたくない」を「やりたい仕事」に変える術
●ビジネスパーソンに必要なメンタルタフネス
●【ワーク&ディスカッション】部下のメンタルヘルスをサポートする「ラインケア」の方法

 

管理職、若手リーダーの皆さま必須の内容です。ぜひご参加ください。

 

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
梶浦正典より


『マネジメント・ライセンス・プログラム』全5回講座開催

JUGEMテーマ:今日の日記

JUGEMテーマ:ビジネス

 

ご訪問いただきありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの林 恭弘です。

 

2017年6月8日(木)から9月14日(木)まで、全5回にわたり

『マネジメント・ライセンス・プログラム』有料講座を開催いたします。

 

詳細はこちらから

https://www.street-academy.com/myclass/20516

 

対象者イメージは:

  1. 身近な人との人間関係に悩む全ての方
  2. 大切な人を笑顔にして、自分自身も幸せになりたいと願う方
  3. 新たにマネジメントに就かれる方
  4. 部下とのコミュニケーションに悩んでいる方
  5. 部下後輩が思い通りに動かず、悩んでいる方
  6. 会社の業績があがらず、悩んでいる経営者の方、組織のリーダー
  7. 一体感があり、活気あふれる職場を創造したいと願う組織のリーダー

 

カリキュラム

 

1回 心のOSをインストールしよう! 68日(木)

 

2回 部下との信頼関係を築き、課題を解決に導く心理学 713日(木)

 

3回 アサーション(相手が自ら行動を変えてくれる真の自己開示) 83日(木)

 

4回 実践!『ココロの運転免許・ワーク編』 824日(木)

 

5回 人生を170度変えるための心理学(ABC理論)最終回 914日(木)

 

各回、18:30〜21:00の充実した2時間30分のカリキュラムです。

 

お申し込みはこちらから

https://www.street-academy.com/myclass/20516

 

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
林恭弘より


お客様からの声

JUGEMテーマ:ビジネス

JUGEMテーマ:今日の日記

 

ご訪問いただきありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの梶浦正典です。

 

先日、『Management License Program』の第4回、「ABC理論」についてお話をさせていただいた時のこと。

https://youtu.be/wLGzDx7y_fw

 

ABC理論」とは、今、非常に流行っている「アドラー心理学」の流れを汲んだ理論です。

出来事自体に幸せも不幸もない。

自分自身の受け止め方こそが、幸せと不幸を決めている。

だから、自分自身を不幸に導いている、無意識に刻み込まれた固定観念に気づき、自分自身の色眼鏡≒フレームをかけかえましょう!

という考え方です。

 

研修参加者のお一人からの質問がとても興味深かった!

「なるほどなあ、とは思いますが、みんなが前向きに受け止められるようになったら、人生、つまんなくないですかね???」

 

そう!

まさに!

その通りなのです!

 

みんながそう簡単に「受け止め方」を変えることなんてできない。

いろんな経験、知識、自己防衛、承認、欲求、その他いろいろ。

様々な理由があって固着化した無意識の中にある「固定観念」。

それは、そう簡単に変えることはできないし、もしかしたら、今の自分を守るために必要なものなのかもしれないのです。

 

だからこそ、人類の歴史の中に、たくさんのドラマが生まれてきたのです。

それは、憎しみや悲しみだけではなく、愛や感動、前向きなドラマも同じなのです。

 

人間だから。

 

もしかしたら、「心理学」というのは、できないからこそ学問として存在するのかもしれません。

(誰もが簡単に実践できていたら、これほど深い学問にならないですからね。。。)

 

ただし、心理学の中には、対人関係を改善したり、ネガティブ思考を改善したり、人生を幸せに導くことができる興味深いものがたくさんあります。

 

ABC理論も、「無理矢理受け止め方を変えて、前向きになりましょう!」ということではなく、落ち込みがちになった時に、ふと、自分の陥っている思考パターンに気づき、立ち直るきっかけをつかむために、とても有効なツールなのです。

 

パニックに陥って、周りが見えなくなってしまっているときに、ふと、第三者的に自分を見つめなおすツールとして使って欲しいのです。

 

「アドラーはこう言っている」

「フロイトはこう言っていた」

 

ひとつの理論理屈に振り回されることなく、自分のココロを少し楽にする、自分の人生をちょっと幸せにする、身近な大切な人をちょっと笑顔にする「ツール」として、活用していただきたいと思うのです。

 

研修でお伝えすることは、

「こうしなさい!」

とか

「こうするべき!」

というものではありません。

 

参加していただいた人。

その人の、身近にいる大切な方々。

みなさんを笑顔に幸せにするためのツール、マインドを提供するのが、Management License Programです。

 

自分自身のココロが求めるものを「自らの意思」で選択し、「自らの意思」で活用できるよう、ビジネス心理コンサルティングは誠心誠意、サポートしていきます!

 

https://youtu.be/wLGzDx7y_fw

 

 

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
梶浦正典より

 


| 1/27PAGES | >>

当サイトの画像や文章、コンテンツを、転載・二次加工することを禁じます
Copyright (C) 2010 ビジネス心理コンサルティング All Rights Reserved.