calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

『働く人改革』

JUGEMテーマ:今日の日記

JUGEMテーマ:ビジネス

 

『働く人改革』〜松下幸之助に学ぶ、働く人のマインドセット〜

 

  1.北海道ンメガネ屋さん

 

 幸之助は北海道のあるメガネ店の主人から一通の手紙を受け取った。そこには丁寧な文章でこんなことが書かれていた。

 「じつは先日、テレビであなたの姿を拝見しましたが、あなたのかけられておられるメガネは、失礼ながら、あなたのお顔にはあまり合っていないように思います。ですから、もっと良いメガネにお取り替えになったほうがよろしいかと思います」

 

 幸之助は、ずいぶん熱心な人がいるものだなあと思い、すぐ礼状を出したものの、その後忙しさにとりまぎれ、そのことをすっかり忘れてしまっていた。

 ところが翌春、北海道に行き、札幌の経営者の集まりで講演をしたとき、その主人が面会を求めてきた。

 「私はこの前、あなたにお手紙を差し上げたメガネ屋です。あなたのメガネは、あの時と変わっていないようですから、私の手でぜひ直させてください」

 

 その熱心さに幸之助はすべてを任せることにした。その夜、ホテルに店の番頭を連れてやってきた主人は、見本として持ってきたメガネを幸之助にかけさせて、顔との釣り合いや、かけ具合などをていねいに調べた。

 「十日ほどでできますので、でき次第お送りします。でも、まだ気がかりな点が残っています。これまでのメガネはずいぶんと前のもののようですから、これをお買いになられた後、あなたの目の具合が少し変わられたかもしれません。できれば明日にでも、十分ほどで結構ですから、私の店に寄っていただけませんか。あらためて調べたいのです」

 

 十分くらいならと、日程をやりくりして、その店に立ち寄ってみると、そこはまるでメガネの百貨店、三十人くらいの若い店員たちがキビキビと働いていて、客も満員の盛況である。

 幸之助はきいてみた。

 「なぜ、あなたはわざわざ手紙をくださったんですか」

 「メガネをかけるのは、よく見えるようにするためですが、見えるというだけでは十分ではありません。メガネは人相を変えるものですから、顔にうつるメガネをかける必要があります。特にあなたの場合は、外国にもいかれるでしょう。もしあなたが、あのメガネをかけてアメリカへ行かれたら、アメリカのメガネ屋に、日本にはメガネ屋がないのかと思われかねません。そんなことになれば、まさに国辱ものです。ですから、それを防ぐため、私は失礼をも顧みず、あえてあんなお手紙を出させていただいたのです」

 

 幸之助は大阪に帰るや、社員に早速この話を披露し、「お互い、このメガネ屋さんのような心構え、心意気で仕事に取り組みたいものだ」と呼びかけた。

 

 

ご訪問頂きありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの林 恭弘です。

 

現在、各企業・団体は「働き方改革」に取り組んでおられることと思います。しかしながら、残業削減や労働時間の短縮、ワークライフバランスなど「仕組みの改革」だけではなく、ソフト、つまり「働く人改革」が不可欠ではないでしょうか。

それはつまり、私たちが何を目指し働くのか(目的意識)、どのようなことを達成しようとしているのか(目標設定)、したがって、どのような意識で取り組むのか(意識の醸成)ということです。

このシリーズでは、成果を達成するために必要不可欠な「働く人のマインドセット」としてお届けします。

 

 

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
林恭弘より
 

 


【ビジネスに効く言葉】

JUGEMテーマ:ビジネス

JUGEMテーマ:今日の日記

 

ご訪問頂きありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの林 恭弘です。

 

『知力や想像力や知識と、成果をあげることの間には

ほとんど関係がない』

 

『知力や想像力や知識は、成果の限界を設定するだけで

あることを知るべきである』

(プロフェッショナルの条件 P・ドラッカー)

 

 

私たちは仕事を進めるために、多くの情報を集め、

理論を学び、思考をめぐらすことに余念がありません。

しかしながら、情報摂取量を増やし、セオリーを学び、

それらを検討することによって可能性をどんどん

引き下げているのかもしれません。

 

「それは妥当性が低い」

「勝算は無いな」

「無謀なことはやめておこう」

「現実的に議論しよう」

「もっとよく検討するべきだ」

 

これらのことばはいずれも、行動・実践してみる前に

賢い頭脳で考えてしまう可能性の検閲なのです。

 

もちろん、ドラッカーはマネジメントのみならず、

幅広い分野にわたり研究成果を広めてくれました。

 

しかし、だからこそ、体感していたのでしょう。

『まずは行動せよ。そこからしか実際に役立つ知恵は

得られないのだ』ということを。

 

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
林恭弘より
 

 


『尊重と承認のマネジメント』

JUGEMテーマ:今日の日記

JUGEMテーマ:ビジネス

 

ご訪問いただきありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの林 恭弘です。

 

管理職の皆さんや人事・教育担当者の皆さんと話す中で、

「若手社員の退職が増えている」

「部下とのコミュニケーションがうまくとれない」

「年上部下との関わり方がわからない」

「部下のモチベーションはどうすれば上がるのだろう」

などの人材マネジメントに関する問題や悩みが聞こえてきます。

 

もちろん、これらの問題に対する画一的かつ画期的な解決方法など

見当たりません。しかしあえて言うならば『信頼関係』に帰結する

のではないでしょうか。

 

マネジメント・スキル(テクニック)には効果的な技法が数多く

開発されています。しかしながら、たいへん効果的な技法では

あるものの、相手との信頼関係が成立していない状態で実践しても

操作的に映るばかりでかえって不信感を与えてしまうでしょう。

 

極端な言い方をすれば、相互信頼が構築された関係なら相手は

喜んで管理者(マネージャー)のリクエストに応えようとして

くれるはずです。

 

ただし、信頼関係を構築することは簡単なことではありません。

相手(部下)のことを一人の人間存在として大切に考え、関わり、

優れているところを認めて褒め、頑張っている姿をねぎらうことで

一つひとつの信頼を積み上げていくことでしか構築できません。

 

時代が変われども、「人を動かす」ということは、『尊重と承認』

によって成し得るものではないでしょうか。

 

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
林恭弘より
 
 
 


【ビジネスに効く言葉】

JUGEMテーマ:ビジネス

JUGEMテーマ:今日の日記

 

ご訪問頂きありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの林 恭弘です。

 

『この人には、これだけしか能力がない

 などと決めつけては、能力は引き出せません』

 

井深 大

 

コーチングの基本は、相手に達成できるだけの能力が

宿っているという信念を持っているかということです。

 

相手の能力を信頼していない状態での質問は、有効ではなく

ただの「質問魔」になってしまうのです。

 

テクニックで部下を動かそうとするのではなく、まずは

自分自身の心の中を整理してみることが重要なのでは

ないでしょうか。

 

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
林恭弘より


【ビジネスに効く言葉】

JUGEMテーマ:今日の日記

JUGEMテーマ:ビジネス

 

 

ご訪問いただきありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの林 恭弘です。

 

「相手を説得するために、正論など持ち出してはいけない。

相手にどのような利益があるかを話すだけでいい。」

 

(ベンジャミン・フランクリン)

 

私たちはつい、自分の考えを、意見を、主張を相手に受け入れて

もらえるよう説得しようとするのでしょう。

でもそれはやはり、「自分本位」のコミュニケーションなのです。

コミュニケーションとは、あくまでも「相手本位」でなければ

相手の心には届かないのです。

 

部下とのコミュニケーションも同じ。

顧客に、会社に、どのようなメリットがあるのかを話してばかりいませんか?

それでイキイキと動いてくれれば結構なことです。

しかし、そうでなければ、相手の人生にどのような利益があるかを

伝えてみてはいかがでしょうか。

 

その翻訳ができるのが、リーダー・上司の条件です。

 


***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
林恭弘より


【ビジネスに効く言葉】

JUGEMテーマ:ビジネス

JUGEMテーマ:今日の日記

 

ご訪問いただきありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの林 恭弘です。

 

「部下の失敗は、ただ叱ればよいというものではない

失敗を自覚しているときには

慰めもまた、必要です」

 

叱り方、ほめ方で迷っている管理職の皆さま

コミュニケーションとは「相手本位」なのです。

 

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
林恭弘より
 


【ビジネスに効く言葉】

JUGEMテーマ:今日の日記

JUGEMテーマ:ビジネス

 

【ビジネスに効く言葉】

 

ご訪問いただきありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの林 恭弘です。

 

『命令を質問の形に変えると、

気持ちよく受け入れられるばかりか

相手に創造性を発揮させることもある。』

デール・カーネギー

 

コーチングがビジネス界でも取り入れられて

久しくなりました。

しかし上司・部下の実際の場面ではなかなか

うまくいっていないようです。

あまり難しく考えるのではなく、この言葉のように

シンプルにとらえてみる方がいいようです。

 

***ビジネス心理コンサルティング ***

*******BMC*******

林恭弘より


『営業力が止まらない!』

JUGEMテーマ:ビジネス

JUGEMテーマ:今日の日記

 

『営業力が止まらない!』

セールスの潜在能力を極限まで引き出す『仕組み』×『マインド』!

数々の実績を築きあげてきた最強の仕掛けを大公開!

 

 

ご訪問頂きありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの梶浦正典です。

 

3月5日(月)14時より、東京駅八重洲北口にて「無料体験セミナー」を開催いたしま

す!

数多くの企業にて、目に見える成果を確実に生み出してきた『仕組みづくり』のエキ

スパート、オーガニック・マネジメントコンサルティング蠅箸離灰薀椒譟璽轡腑鶸覯茲任后

 

■タイトル

 『営業力が止まらない!』

   セールスの潜在能力を極限まで引き出す『仕組み』×『マインド』!

   数々の実績を築きあげてきた最強の仕掛けを大公開!

 

■開催日時

 2018年3月5日(月) 14時〜17時(13時50分開場)

 

■会場名

 東京駅八重洲北口徒歩2分 貸会議室プラザ 八重洲北口 3F 6号室

 

■受講費 無料

 

■詳細・お申込

   https://jinjibu.jp/seminar/detl/45905/

 

自社らしい「勝てる営業プロセス(型)」を、社内外を巻き込んで創り上げ、

目に見える成果を挙げて「会社と社員が熱く、ワクワクしながら成長

し続けるサイクル」を創っていくためのヒントをお伝えします。

 

ぜひ!多くの企業様の「経営者」「人事・研修担当者」「営業責任者」の

皆様のご参加をお待ちしております。

 

必ずや、御社の更なる発展の一助となる重要な情報をお伝えすることが

できると確信しています。

 

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
梶浦正典より
 

 


【『現場の声を聴く』というワナ】

JUGEMテーマ:今日の日記

JUGEMテーマ:ビジネス

 

ご訪問いただきありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの梶浦正典です。

 

企業の経営者の方から、

「経営陣自ら現場に足を運んで、意見を聴いている」

「直接対話する機会を定期的に設けている」

というお話があったら、皆さん、この企業のことをどう思いますか?

 

すばらしい!

良い会社!

と感じると思います。

もちろん!経営陣が現場の声に耳を傾けるということはとても良いことだと私も思います。

でも、経営陣が受け取った現場の声と、現場で働く人々の本音はまったく違うケースがある。

『現場の声を聴く』というワナに気を付けなければならないこともあるのです。

 

とある銀行でこういうことがありました。

役員が支店を訪問して現場の声を聞く、という連絡が支店に入りました。

支店の役席はただちに、役員面談に相応しい『上の言うことを忠実にきく、いわゆるサラリーマンタイプ』な人物を選びました。

そして、どのような話をするかのレクチャー、シミュレーションを始めたのです。

懇親会の席はあらかじめ席次を決めておいて、役員の両隣には若くてきれいでかつ、失言をしない女性、そして、正面には『上の言うことを忠実にきく、いわゆるサラリーマンタイプ』を配置したのです。

 

結局のところ、この役員による臨店は、支店長の点数稼ぎ、マイナス評価がつかないための防衛手段に使われてしまったのです。

そして「きれいごと」だけを聞かされた役員は、自分自身の自慢話を気持ちよく話して、満足して帰っていきました。

 

当然、現場で働く人々は、不満を溜め込みました。

「どうせ、経営陣は自分たちのことなんかわかってくれない」

「言ってもムダ、何も変わらない」

「こんなパフォーマンスに付き合ってられない」

せっかくの臨店が、現場のモチベーションを奪ってしまったのです。

 

現場の声を聴く、という素晴らしい行動を取るのであれば、しっかりとしたココロの準備をしてほしい、「聴く」ということがいかに難しく、いかに大切かを知って欲しい。

研修を通じて、ビジネス心理コンサルティングはお伝えしたいのです。

 

  • 人事権を持つ自分自身の影響力に気づこう!

    どんなにフレンドリーに接するつもりでも、人事権がある以上、下の人たちは気を遣います。本音で話すこと自体が難しいのです。

    「話せ、と言っても実際、言いにくいよな(笑)」

    本音で話せない現場の人たちの心を汲む。

    そして、その人たちが少しでも話しやすくなるように導くドアオープナーも用意する。

    研修の中で、ちょっとしたコールドリーディングの技術も学んでいきましょう。

 

  • コミュニケーションの妨げとなる「12のパターン」に気を付けよう!

    どうしても役員という立場上、現場の人を「指導してやる」という想いを抱いてしまうと思います。優しさゆえに「解決してやりたい」という想いもあるでしょう。

    でも、その想いから、

    「いや、それについてはこうなんだよ!」

    「わかってないなあ、こういう事情があるんだよ!」

    などと説教訓戒指示命令批判否定・・・

    コミュニケーションの妨げとなる「おきまりの12のパターン」をやってしまうと、現場の人たちは心を閉ざしてしまいます。

     

    現場の人たちは、まず、わかってほしいのです。

    辛い状況、苦しい状況をわかってほしいのです。

    「この役員は自分たちのことをわかってくれる、話を聴いてくれる」

    そういう信頼関係ができて、初めて、本音を打ち明けてくれるのです。

    安心・安全が担保されていない中で信頼関係は築けないし、信頼関係のない中で本音の情報はあがってきません。

     

    現場の人たちの「正直な声」に対し、

    「未熟だなあ」

    「考えが甘い」

    「こうしたらいいのに」

    「なぜもっと主体的に考えない」等々。

    ストレスを感じた時こそ!『黙って聴く』。

    研修の中でコミュニケーションの極意「まず変えようとするな、わかろうとせよ」を学んでいきましょう!

     

  • フィードバックを大切にしよう!

    話を聴く、というのは「言いなりになる」ということではありません。

    会社を経営する、というのは大変なことで、なんでもかんでも社員の言うとおりに動かせるわけではありません。

    ただ、できないことについてはできない理由をフィードバックしてあげることが大切なのです。

    「この前、勇気を出して打ち明けてくれてありがとう!あの件について調べたんだが、●●という法律があってそもそも対応することが難しく、莫大な費用がかかるということなんだ。せっかく問題提起をしてくれたのに申し訳ない。極力、現場の負担を回避する方法を探していきたいと思うので、ぜひ!また意見を聞かせて欲しい」

    これも言い方の問題ではないのかもしれません。

    現場の社員のことを心から想い、心に寄り添って「聴いた」ならば、どんな結果になったにせよ、信頼関係は築けるのだと思います。

 

マネジメントという非常に重要な役割を担うならば、「ココロの運転免許」を必ず身につけて欲しいのです。

経営の方々が、マネジメントの本質を理解し、しっかりとしたマインドを身につけたならば、必ずやその企業は幸せになる。

ビジネス心理コンサルティングはそう、確信しています。

 

***ビジネス心理コンサルティング ***

*******BMC*******

梶浦正典より

 


【コンプライアンス研修】

JUGEMテーマ:ビジネス

JUGEMテーマ:今日の日記

 

ご訪問いただきありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの梶浦正典です。

 

最近、コンプライアンス研修のリピートが増えています。

もちろん、ビジネス心理コンサルティングの研修ですから、「法律・規則の勉強」をするわけではありません。

誰だって、「法律や規則を破っちゃいけない」なんてことは、知っているし、わかっているのです。

 

だから、

「法律や規則はこうなっています!」

「違反するとこんな罰を受けます!」

「企業もこんな被害を受けます!」

という研修をやっても、根本的な改善にはつながらない。

 

やってはいけないとわかっている違反を「やらざるを得ない」状況に、なぜ追い込まれてしまったのか。

人間が、追い詰められて法律や規則を破ってしまう背景にある心理とは何か。

 

これを学び、修正していかないことには、コンプライアンス違反はなくならないのです。

 

組織の一体感、企業理念の共有、上司部下同僚の信頼関係を築きあげるために。

そして、何よりも、企業がその社員にとって「安心・安全である」と感じられる場所となるために。

 

コンプライアンス研修、お伝えしていきます。

 

***ビジネス心理コンサルティング ***

*******BMC*******

梶浦正典より


| 1/29PAGES | >>

当サイトの画像や文章、コンテンツを、転載・二次加工することを禁じます
Copyright (C) 2010 ビジネス心理コンサルティング All Rights Reserved.