calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

archives

心に効いた言葉

JUGEMテーマ:ビジネス
JUGEMテーマ:今日の日記


『部下の話を聞くときに、心掛けないといかんことは、部下の話の内容を評価して良いとか悪いとか言ったらあかん、ということやな。
部下が責任者と話をする、提案を持ってきてくれる、その誠意と努力と勇気をほめんといかん。』
  松下幸之助

久しぶりの幸之助さんの言葉です。
幸之助さんの人心掌握術は『聴く姿勢の素晴らしさ』にあったと言われます。
どんな話でも、たとえそれが会社にとって、自分にとっても、都合の悪い話であっても喜んで聴く姿勢を取られていたそうです。

銭形平次が町の情報をすべて掌握していたのも、「てえへんだー、てえへんだー、親分!」と駆け込んでくる手下の爐らっ八瓩力辰髻◆屬覆鵑任─△覆鵑任─廚版心に聴く姿勢が
あったからでしょう。





***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
林恭弘より
 
 

「稲森和夫氏の経営観」

JUGEMテーマ:今日の日記
JUGEMテーマ:ビジネス


ビジネス心理コンサルティングの林 恭弘です。


『現在の社会は、不正が平然と行われていたり、利己的で勝手な行動をとる人がいたりと、決して理想的なものではないかもしれません。


しかし、世の中がどうであろうと、私は「人間として何が正しいか」を自らに問い、誰から見ても正しいことを、つまり、人間として普遍的に正しいことを追求し、理想を追い続けようと決めたのです。


「人間として正しいことを追求する」ということは、どのような状況に置かれようと、公正、公平、正義、努力、勇気、博愛、謙虚、誠実というような言葉で表現できるものを最も大切な価値観として尊重し、それに基づき行動しようというものです。


いま考えてみますと、何の経営の経験もない私が、京セラやKDDIをそれなりの企業に育てることができましたのも、このような「人間として正しいこと」をひたすら追求してきたからだと思うのです。』

 
稲盛和夫氏 「致知」1997年11月号掲載より

 

ご高齢になられてもJALの再建に使命感を燃やし、見事に軌道に乗せられた稲盛さん。
中村天風氏、松下幸之助氏の「人間観」を継承されている「日本の心を代表する経営者」ですね。


経営だけではなく、人としてあるべき姿を私たちに示していただいています。


***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
林恭弘より
 


「心に効いた言葉」

JUGEMテーマ:ビジネス
JUGEMテーマ:今日の日記



ビジネス心理コンサルティングの林です。


『褒めることの効果は大きい。』
しかし、プロである以上、プロの水準で褒めなければならない。
ホームランを打った選手に「ナイスバッティング!」と言うような監督はプロとして失格。
褒められた選手が「さすが監督は眼のつけどころが違う、よく見てる」と感心するような褒め方でなければ効果はない。


「叱る」と「褒める」というのは同意語だ。
情熱や愛情が無いと、叱っても、ただ怒られているというとらえ方をする。』


野村克也氏


子どもの教育や、部下指導・後輩育成も全く同じですね。
「ただ褒めればいい」ということではなく、相手の能力や心境にふさわしい言葉でなければ「ただの言葉」になってしまいます。
相手の心に火をつける言葉を探し続けたいものです。


***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
林恭弘より


『どこでほめようかということを、いつも考えています』映画監督 山田洋二

JUGEMテーマ:ビジネス
JUGEMテーマ:今日の日記


ビジネス心理コンサルティングの林 恭弘です。

この言葉は、映画専門雑誌からのインタビューで、「山田監督は数多くの名優を輩出されてきましたが、どのようなことを意識して指導されていらっしゃるのですか?」
という、インタビュアーからの質問に対する答えです。

ご存知「寅さんシリーズ」をはじめ、数々の名作を生み出してきた山田洋二監督は、演技に並みならぬこだわりがあり、たいへん厳しい監督です。
その厳しい監督が俳優・女優に対して、どのような意識で指導するのか映画ファンなら興味があるところです。

しかしその回答が、

『どこでほめようかということを、いつも考えています』

もちろん甘い監督ではありません。
泣き出したくなるほどの厳しい指導が基本です。
「ほめる」と言っても、長い長いロケの中の「たった一回」だけなのかもしれません。

それでも俳優・女優達を見るまなざしは、
「彼のどこがいちばん素晴らしいのだろう」
「彼女はどんなときに最も輝くのだろう」
常にその視点で演技者を見ているというのです。

だから長い長いロケの中の「たった一回」であっても、これ以上はないというタイミングで、演技者が最高に喜びを感じて、成長できるような言葉で表現されるのだと思います。

さて、私たちは部下や後輩、生徒や子どもたちを、そのようなまなざしで見ているでしょうか?

「どこでダメなところを突っ込んで、思い知らせてやろうか」
そんな視点で見ていては、人を伸ばすことはできないのでしょうね​。

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
林恭弘より
 
 

『落書きをしないでください ここは私の神聖な職場です』

JUGEMテーマ:今日の日記
JUGEMテーマ:ビジネス

 
ビジネス心理コンサルティングの林 恭弘です。


今日は感動とともに学ばせていただいた、リーダーシップに関するエピソードを紹介させていただきます。


「私(井深大氏)がソニーの社長時代、最新鋭の設備を備えた厚木工場ができ、政界中から大勢の見学者が来られました。


しかし一番の問題だったのが便所の落書きです。
会社の恥だからと工場長にやめさせるよう指示をだし、工場長も徹底して通知を出した。
それでも一向になくならない。


そのうちに『落書きをするな』という落書きまで出て、私もしょうがないかなと諦めていた。


するとしばらくして、工場長から電話があり、『落書きがなくなりました』と言うんです。


『どうしたんだ?』と尋ねると、
『じつはパートで来てもらっている便所掃除のおばさんが、かまぼこの板二、三枚に、


猴扈颪をしないでください
  ここは私の神聖な職場です


と書いて便所に張ったんです。
それでピタッとなくなりました』

と言いました。

この落書きの件について、私も工場長もリーダーシップをとれなかった。
パートのおばさんに負けました。


その時に、リーダーシップとは上から下への指導力、統率力だと考えていましたが、誤りだとわかったんです。


以来私は、リーダーシップを牘洞僧廊瓩噺世Δ茲Δ砲靴泙靴拭」
  ​      
 
『致知』2008年2月号より


***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
林恭弘より
 


狎犬甲斐

JUGEMテーマ:ビジネス
JUGEMテーマ:今日の日記

ビジネス心理コンサルティングの林 恭弘です。

生活することの、働くことの、人世における狎犬甲斐瓩箸呂匹ΔいΔ發里覆里任靴腓Δ。
私は次の言葉が大変参考になるのではないかと思います。

『若い人はよく、狎犬甲斐がない瓩箸いい泙后
しかしそれはあたりまえです。孤立した人に生き甲斐はない。
生き甲斐とは、狄祐峇愀犬任広瓠

作家 石川達三(主に1950年代〜60年代に活躍)
 
さて狎犬甲斐瓩箸蓮大きな仕事や、卓越した趣味の世界や、世間から注目を浴びる活動、そのものにあるのではないのでしょう​。

狎犬甲斐瓩箸蓮⊃閥瓩平佑燭舛塙せと喜びを共に分かち合うこ​とにあるのかもしれませんね。

「人生とは、その人の人間関係そのものである」と言えるのではな​いでしょうか。

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
林恭弘より
 

心に効いた言葉

JUGEMテーマ:今日の日記
JUGEMテーマ:ビジネス


ビジネス心理コンサルティングの林 恭弘です。


今日はメンタルヘルスにも、企業の活力の源にもなると思われる言葉の紹介です。


『ちょっとした心がけひとつで、この世界が少しでも幸せになる。


ひとりぼっちの人や、意気消沈している人を見かけたらその場で二言三言、やさしい言葉をかけてあげよう。


たぶん明日になれば、そんな親切をしたことは忘れてしまうだろう​。
だが、親切をされた者は、あなたの言葉を一生胸に抱き続けるだろ​う。』


以上はデール・カーネギーの言葉です。


日本もいよいよ「厳しい社会になった」と言われますが、そうでは​ないのでしょう。


学校教育の場も、働く環境も、厳しさがまずは根底にあるべきだと​思います。
そして、厳しさによって心が折れて、倒れる人はいないものです。


今の日本は「冷たい社会」になっているのではないでしょうか。
冷たい人間関係の環境では、人は生きてゆけないものです。


そして厳しく指導して成長を支援することはたいへんなエネルギー​を必要とします。


しかし、だからこそ、温かさも生まれるはずです。


日本の活力は、厳しく、しかし温かい関係性を必要としています。

 

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
林恭弘より 


心に効いた言葉

JUGEMテーマ:ビジネス
JUGEMテーマ:今日の日記


ビジネス心理コンサルティングの林 恭弘です。

『会ってじかに話すのが悪感情を一掃する最上の方法である』
エイブラハム・リンカーン

手紙ではなく、電話でもなく、ましてやメールなんかではなく、今すぐ飛んでいって顔を突き合わせて話せば何てことないものです。

コミュニケーションと人間関係の基本が凝縮された言葉ですよね!

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
林恭弘より

『心に効いた言葉』

JUGEMテーマ:今日の日記
JUGEMテーマ:ビジネス

 
ビジネス心理コンサルティングの林 恭弘です。


『人を非難している限りは、そこから抜け出すことはできない』(加藤諦三)


会社が悪い。
上司が悪い。
部下が悪い。
親が悪い。


ついつい「誰かのせい」にしたくなるものです。


でも「誰かのせい」にしている限りは、その相手と同じレベルなわけです。


そしてそこに執着している限りは先も見えていないでしょうし、次の行動がまったく取れないものです。


誰かを非難する時間があるのなら、その時間を先に向けることです。


***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
林恭弘より


「心に効いた言葉」

JUGEMテーマ:ビジネス
JUGEMテーマ:今日の日記


ビジネス心理コンサルティングの林恭弘です。


今日はNHKドラマの台詞から。


「ハゲタカ」というバブル崩壊後の不良債権処理に奔走するエリート銀行員が理不尽な会社の命令に「将来の頭取候補」とまでも囁かれるポジションを捨て、さらに辞職までも決意し、「正しき道」を突き進もうとする意志を貫き通す行動を示した言葉です。


『私は今44歳です。人生の折り返し地点を過ぎています。しかし、残りの人生、自分に言い訳しながら生きていくには長すぎます。』


このあと、この主人公は紆余曲折ありながらも、日本産業界のために意味ある仕事を果たしてゆきます。


もちろん、ドラマですので、ストーリーはフィクションです。


しかしこの「青臭い言葉と行動」が今の、これからの日本社会には必要ではないでしょうか。


***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
林恭弘より


| 1/2PAGES | >>

当サイトの画像や文章、コンテンツを、転載・二次加工することを禁じます
Copyright (C) 2010 ビジネス心理コンサルティング All Rights Reserved.