calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

【研修講師が担うべき責任】

JUGEMテーマ:ビジネス

JUGEMテーマ:今日の日記

 

ご訪問頂きありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの梶浦正典です。

 

とても興味深いツイートがありました。

メンタルヘルス研修での講師の一言が納得いかず、研修を離脱した、というもの。

 

注目すべきなのは、このツイートに10万を超える「いいね!」が付き、コメントにも共感する声があふれかえっている、ということ。

多くの方が、過去に研修やセミナーでイヤな思いをした経験がある、ということなのだと思います。

私自身、銀行時代、そういう思いを何度も経験してきました。

 

ビジネス心理コンサルティングでは、研修・講演について、特に新しいプログラムは30回以上「練習」をします。

多くの責任感のある講師の方々はきっと同じようなことをされていると思います。

ビデオで撮って振り返り、流れ、言葉づかい、声のトーン、その他諸々チェックをし、修正していきます。

 

「この表現は誤解を招かないか」

「この伝え方で理解しやすいか」

「この言葉、トーンで想いは伝わっているか」

「これで心を動かすことはできるのか」

 

試行錯誤しながら主催者様の状況、ニーズにあうようにカスタマイズしながら、オリジナルのものを創りあげていきます。

 

そこまでやるのはなぜか。

 

それは、研修、講演を企画することの大変さを知っているからです。

 

忙しい中、研修、講演に参加することの大変さを知っているからです。

 

中執会議で講演企画を通すことがどれだけ大変か。

全国から組合員を集める交通宿泊費がどれだけかかるのか。

土曜日に集められる組合員がどんな思いを抱いているか。

それでもし「こんな講演、来る価値なかった」等のアンケートがいっぱいだったらどうなってしまうのか。

 

そんな思いを身に染みてわかっているからこそ、一期一会、完璧は無理でも、自分にできる最善の準備は尽くして臨もうと思うのです。

言葉ひとつひとつに思いを込めて、参加してくださった方々の心に寄り添って、講演終了後には精根尽きてぶっ倒れるくらいに全力で臨む。

そこまではまだまだ到達できていませんが、それが私の理想です。

 

研修やセミナー、講演で

「人生が変わるきっかけになった!」

という方もいれば、

「研修等が大嫌い」

になってしまう方もいます。

その点だけでも講師の責任は非常に重い。

 

講師という仕事に、夢と誇りと責任をもって、これからも歩んでいきたい。

このTwitterを見てあらためて、そう感じました。

 

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
梶浦正典より

 


「感謝」と「役割分担」

JUGEMテーマ:今日の日記

JUGEMテーマ:ビジネス

 

「感謝」と「役割分担」

 

ご訪問頂きありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの梶浦正典です。

 

役割を明確にすることって仕事の効率化を図る上でとても大切なことだとは思います。

#ビジネス心理コンサルティング の組織活性化の研修においても、仕事の目的、ビジョン、ゴールを明確にし、各々の役割を認識する、というプロセスをみんなで作り上げる、ということをやっていきます。

これは「ビジネス」の部分。

一方で「心理」の面から考えるとちょっと違った景色が見えてきます。

役割分担をすることにより

「あなたの担当なんだから、やって当たり前」

という心理がより強くなる、ということがわかっているのです。

これ、経験ありませんか?

夫婦の家事育児分担がまさにそう。

今までは

「ご飯つくってくれてありがとう〜」

「子供をお風呂にいれてくれてありがとう〜」

ができていたのに、お互いの役割を明確に定めてしまうことにより、

「あなた、食事の担当よね?洗い物、汚れが残ってるんだけど」

「お風呂の担当だよね?最後、水垢も落としてくれないと仕事したうちに入らないんだけど」

やることが当たり前になり、とたんにできていない所に焦点があたってしまい減点主義になる、という不思議な心理があるのです。

効率化や生産性の向上。

形だけを整備しようとすると極めて無機質なものができあがります。

無機質なものには、意識的に感謝や優しさ、思いやりといった「人間力」という潤滑油を入れていかないと「仏作って魂入れず」という結果になってしまいます。

これが「○○プロジェクト!」とか「コンサル導入しての研修!」とかで失敗が続く最大の理由なのかもしれません。

まさにここが #ビジネス心理コンサルティング の真骨頂。

効率化と感謝・思いやり

合理性と愛情・信念

システムとマインドの融合こそがコロナ後、新時代の研修に求められているのだと私は確信しています。

「当たり前」と思ってしまうことに感謝の意識を向けてみる。

怒りや不満の感情を抱いてしまった時に、その相手の立場や役割を想像してみる。

この「人間力」こそがAIにはできない組織の潤滑油になりうるのだと、私は思います。

 

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
梶浦正典より

 

 


『営業力が止まらない!』

JUGEMテーマ:ビジネス

JUGEMテーマ:今日の日記

 

『営業力が止まらない!』

セールスの潜在能力を極限まで引き出す『仕組み』×『マインド』!

数々の実績を築きあげてきた最強の仕掛けを大公開!

 

 

ご訪問頂きありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの梶浦正典です。

 

3月5日(月)14時より、東京駅八重洲北口にて「無料体験セミナー」を開催いたしま

す!

数多くの企業にて、目に見える成果を確実に生み出してきた『仕組みづくり』のエキ

スパート、オーガニック・マネジメントコンサルティング蠅箸離灰薀椒譟璽轡腑鶸覯茲任后

 

■タイトル

 『営業力が止まらない!』

   セールスの潜在能力を極限まで引き出す『仕組み』×『マインド』!

   数々の実績を築きあげてきた最強の仕掛けを大公開!

 

■開催日時

 2018年3月5日(月) 14時〜17時(13時50分開場)

 

■会場名

 東京駅八重洲北口徒歩2分 貸会議室プラザ 八重洲北口 3F 6号室

 

■受講費 無料

 

■詳細・お申込

   https://jinjibu.jp/seminar/detl/45905/

 

自社らしい「勝てる営業プロセス(型)」を、社内外を巻き込んで創り上げ、

目に見える成果を挙げて「会社と社員が熱く、ワクワクしながら成長

し続けるサイクル」を創っていくためのヒントをお伝えします。

 

ぜひ!多くの企業様の「経営者」「人事・研修担当者」「営業責任者」の

皆様のご参加をお待ちしております。

 

必ずや、御社の更なる発展の一助となる重要な情報をお伝えすることが

できると確信しています。

 

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
梶浦正典より
 

 


【『現場の声を聴く』というワナ】

JUGEMテーマ:今日の日記

JUGEMテーマ:ビジネス

 

ご訪問いただきありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの梶浦正典です。

 

企業の経営者の方から、

「経営陣自ら現場に足を運んで、意見を聴いている」

「直接対話する機会を定期的に設けている」

というお話があったら、皆さん、この企業のことをどう思いますか?

 

すばらしい!

良い会社!

と感じると思います。

もちろん!経営陣が現場の声に耳を傾けるということはとても良いことだと私も思います。

でも、経営陣が受け取った現場の声と、現場で働く人々の本音はまったく違うケースがある。

『現場の声を聴く』というワナに気を付けなければならないこともあるのです。

 

とある銀行でこういうことがありました。

役員が支店を訪問して現場の声を聞く、という連絡が支店に入りました。

支店の役席はただちに、役員面談に相応しい『上の言うことを忠実にきく、いわゆるサラリーマンタイプ』な人物を選びました。

そして、どのような話をするかのレクチャー、シミュレーションを始めたのです。

懇親会の席はあらかじめ席次を決めておいて、役員の両隣には若くてきれいでかつ、失言をしない女性、そして、正面には『上の言うことを忠実にきく、いわゆるサラリーマンタイプ』を配置したのです。

 

結局のところ、この役員による臨店は、支店長の点数稼ぎ、マイナス評価がつかないための防衛手段に使われてしまったのです。

そして「きれいごと」だけを聞かされた役員は、自分自身の自慢話を気持ちよく話して、満足して帰っていきました。

 

当然、現場で働く人々は、不満を溜め込みました。

「どうせ、経営陣は自分たちのことなんかわかってくれない」

「言ってもムダ、何も変わらない」

「こんなパフォーマンスに付き合ってられない」

せっかくの臨店が、現場のモチベーションを奪ってしまったのです。

 

現場の声を聴く、という素晴らしい行動を取るのであれば、しっかりとしたココロの準備をしてほしい、「聴く」ということがいかに難しく、いかに大切かを知って欲しい。

研修を通じて、ビジネス心理コンサルティングはお伝えしたいのです。

 

  • 人事権を持つ自分自身の影響力に気づこう!

    どんなにフレンドリーに接するつもりでも、人事権がある以上、下の人たちは気を遣います。本音で話すこと自体が難しいのです。

    「話せ、と言っても実際、言いにくいよな(笑)」

    本音で話せない現場の人たちの心を汲む。

    そして、その人たちが少しでも話しやすくなるように導くドアオープナーも用意する。

    研修の中で、ちょっとしたコールドリーディングの技術も学んでいきましょう。

 

  • コミュニケーションの妨げとなる「12のパターン」に気を付けよう!

    どうしても役員という立場上、現場の人を「指導してやる」という想いを抱いてしまうと思います。優しさゆえに「解決してやりたい」という想いもあるでしょう。

    でも、その想いから、

    「いや、それについてはこうなんだよ!」

    「わかってないなあ、こういう事情があるんだよ!」

    などと説教訓戒指示命令批判否定・・・

    コミュニケーションの妨げとなる「おきまりの12のパターン」をやってしまうと、現場の人たちは心を閉ざしてしまいます。

     

    現場の人たちは、まず、わかってほしいのです。

    辛い状況、苦しい状況をわかってほしいのです。

    「この役員は自分たちのことをわかってくれる、話を聴いてくれる」

    そういう信頼関係ができて、初めて、本音を打ち明けてくれるのです。

    安心・安全が担保されていない中で信頼関係は築けないし、信頼関係のない中で本音の情報はあがってきません。

     

    現場の人たちの「正直な声」に対し、

    「未熟だなあ」

    「考えが甘い」

    「こうしたらいいのに」

    「なぜもっと主体的に考えない」等々。

    ストレスを感じた時こそ!『黙って聴く』。

    研修の中でコミュニケーションの極意「まず変えようとするな、わかろうとせよ」を学んでいきましょう!

     

  • フィードバックを大切にしよう!

    話を聴く、というのは「言いなりになる」ということではありません。

    会社を経営する、というのは大変なことで、なんでもかんでも社員の言うとおりに動かせるわけではありません。

    ただ、できないことについてはできない理由をフィードバックしてあげることが大切なのです。

    「この前、勇気を出して打ち明けてくれてありがとう!あの件について調べたんだが、●●という法律があってそもそも対応することが難しく、莫大な費用がかかるということなんだ。せっかく問題提起をしてくれたのに申し訳ない。極力、現場の負担を回避する方法を探していきたいと思うので、ぜひ!また意見を聞かせて欲しい」

    これも言い方の問題ではないのかもしれません。

    現場の社員のことを心から想い、心に寄り添って「聴いた」ならば、どんな結果になったにせよ、信頼関係は築けるのだと思います。

 

マネジメントという非常に重要な役割を担うならば、「ココロの運転免許」を必ず身につけて欲しいのです。

経営の方々が、マネジメントの本質を理解し、しっかりとしたマインドを身につけたならば、必ずやその企業は幸せになる。

ビジネス心理コンサルティングはそう、確信しています。

 

***ビジネス心理コンサルティング ***

*******BMC*******

梶浦正典より

 


【コンプライアンス研修】

JUGEMテーマ:ビジネス

JUGEMテーマ:今日の日記

 

ご訪問いただきありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの梶浦正典です。

 

最近、コンプライアンス研修のリピートが増えています。

もちろん、ビジネス心理コンサルティングの研修ですから、「法律・規則の勉強」をするわけではありません。

誰だって、「法律や規則を破っちゃいけない」なんてことは、知っているし、わかっているのです。

 

だから、

「法律や規則はこうなっています!」

「違反するとこんな罰を受けます!」

「企業もこんな被害を受けます!」

という研修をやっても、根本的な改善にはつながらない。

 

やってはいけないとわかっている違反を「やらざるを得ない」状況に、なぜ追い込まれてしまったのか。

人間が、追い詰められて法律や規則を破ってしまう背景にある心理とは何か。

 

これを学び、修正していかないことには、コンプライアンス違反はなくならないのです。

 

組織の一体感、企業理念の共有、上司部下同僚の信頼関係を築きあげるために。

そして、何よりも、企業がその社員にとって「安心・安全である」と感じられる場所となるために。

 

コンプライアンス研修、お伝えしていきます。

 

***ビジネス心理コンサルティング ***

*******BMC*******

梶浦正典より


【クレーム対応は誰のため?】

JUGEMテーマ:今日の日記

JUGEMテーマ:ビジネス

 

ご訪問いただきありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの梶浦正典です。

 

クレーム対応。
そこで、その会社の評価が決まってしまう可能性があるくらい、とても重要な役割だと思います。

 

研修の中でも、クレーム対応に極めて効果的なマインド、ココロの持ち方、カウンセリングスキル等をお伝えしていますが、もう一つ大切な要素として『どのような立ち位置に立つか』というものがあると思います。

ともすれば、『お客様第一』という言葉が美しく聞こえて、それが当たり前になりがちなのですが、私は『社員第一』でいてほしいと考えています。

お客様を笑顔に幸せにする社員を大切にする。
そのことが、お客様をも幸せにする。

この順番だけは、意識してほしいのです。

 

まちがった『お客様第一』の立ち位置にたった結果、
お客様の言いなりになってしまう。火に油を注いでしまう。
穏便にすませるために、とりあえず社員に謝らせる、という方向性になってしまう。
結果として、現場のことを理解してくれないクレーム担当を敵視する雰囲気が、社内でできあがってしまう。「会社は守ってくれない」ことを社員が感じ、モチベーションを落とし、更なるクレーム事案の増加・業績低迷を引き起こす。

このような事例を数多く、見てきました。

 

当然のことながら、社員の不正や過ちを隠す、ということでは全くありません。
お客様第一、という考えを否定するものでもありません。

謝るべきところは謝らなければなりません

しかしクレーム担当は、社員の立場や想いも「わかろうとする」存在であって欲しいのです。

社員から感謝されるクレーム担当がいる企業は、確実に、業績もよく、お客様をも幸せにできているのだと思うのです。

 

***ビジネス心理コンサルティング ***

*******BMC*******

梶浦正典より

 


【無料体験セミナー開催報告】

JUGEMテーマ:今日の日記

JUGEMテーマ:ビジネス

 

 

ご訪問いただきありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティング梶浦正典です。

 

【無料体験セミナー開催報告】

8月25日、東京駅八重洲口で無料体験セミナーを開催させていただきました!

この暑さの中、そしてお忙しい中、26名もの方がご来場くださいました。

 

部下のモチベーションを引き出し、業績を飛躍的に向上させる

 マネジメント・ライセンス『ココロの運転免許』。

 

2時間という短い時間ではございましたが、組織活性化に一番大切なものを感じていただけたのではないかと思います。

 

※当日、すぐに研修のお申込もいただきました!

 

これからも、多くの人のココロに、「夢と誇りとやりがい」を取り戻すべく、誠心誠意、全力でお伝えしていきたいと思います!

 

※当日の資料をご希望の方は、

メールをいただければお送りいたします!

遠慮なくお申し付けください。

 

 

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
梶浦正典より

 

ビジネス心理コンサルティング株式会社

TEL 0797-38-4571

info@business-shinri.com

 

 


| 1/1PAGES |

当サイトの画像や文章、コンテンツを、転載・二次加工することを禁じます
Copyright (C) 2010 ビジネス心理コンサルティング All Rights Reserved.