calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

働く動機「何のために働くのか」 自尊心と『成長エンジン』

JUGEMテーマ:ビジネス

ビジネス心理コンサルティングの林恭弘です。


心理学者エイブラハム・マズローは人間の心理的成長にとって欠かすことのできない要素として、『自尊心』を挙げています。


人間は自尊心を得てはじめて、自己を肯定し心もイキイキするものです。

自尊心を得て、そこでさらに「自分を高め、能力を発揮し、人としてもっと成長したい」と考えるものです。


例えば、専業主婦のケースで考えてみましょう。

専業主婦は家事や育児をしても、その対価として金銭的報酬を得るわけではありません。
そこでは、前回のブログで触れた『優越感』を得ることはないわけです。

もちろん、ご主人の勤め先が優良企業であったり、子どもが有名校に合格したことで優越感を得る人もいるでしょう。
しかし、家事や育児をして優越感を得るわけではありません。

では金銭的報酬がないにも関わらず、料理のレパートリーを広げたり、ガーデニングで家を演出したり、育児に幸せを感じる人がいる理由はやはり、『自尊心』が高まるからにほかなりません。


・新しい料理のレパートリーを披露したてきの夫や子どもの笑顔を見たとき。

・ガーデニングで庭を飾り、家族の心を明るくしているとき。

・子どもが反抗しながらも無事に成長している姿を、ある日胸がジーンとするような気持ちで見たとき。


そのとき、「自分は家族を幸せにできているのだな」という喜びを感じているわけです。

それが『自尊心』です。
「自分は家族を幸せにできる大切な存在なのだ。自分は必要な尊い存在なのだ」という意識が訪れます。


そして、『自尊心』があればこそ、「もっと人を喜ばしたい」、「もっと人を幸せにしたい」、そのためにも「もっとレベルアップ(成長)したい」と人の心は高みを目指すようになります。

このことを心理学者エイブラハム・マズローは『成長エンジン(欲求)』と命名しました。


一方で、優越感を得るために(勝ち組を目指し、地位や収入にこだわり、人の評価を常に意識しストレスをためながらも前進せねばならないというモチベーション)を「欠乏エンジン(欲求)と」命名しました。

さて、このことはビジネスにおける私達の心理と全く同じことなのだと読者は感じているはずです。


ところで、仏教で言うことろの、人間が幸せを感じることとは

/佑飽Δ気譴襪海
⊃佑砲曚瓩蕕譴襪海
人の役に立つこと
た佑防要とされること
だそうです。

 

さて、あなたは『働くということ』にどのような基準を持ちますか?


『優越感』に浸ることでしょうか?


『自尊心』を感じることでしょうか?


それは、あなたの自由でもあります。


ビジネス心理コンサルティング
林 恭弘


 


働く動機「何のために働くのか」 『優越感』と『自尊心』

JUGEMテーマ:ビジネス


『優越感』と『自尊心』

 

  こんにちは。ビジネス心理コンサルティングの林恭弘です。


  人が働くのは、「人並みの生活の維持」を超え、「承認の声」を聞くことだと、前回述べました。


  『心の糧』つまり「承認の声」がなければ、人並みの生活が手に入った時点でモチベーション(働く動機)がなくなることになります。

 

  今の日本社会に元気がないのは、よく言われる「平和ボケ」であると思われますが、つまりは生活がそこそこ満たされた後の『心の糧』をなくしていることにほかありません。

 

  そこに更なる政治と経済両面にまつわる閉塞感がモチベーション低下に拍車をかけています。

 

  ところで、「承認の声」に代表されるのはゞ眩的報酬です。これは「君はよく仕事をするし有能だから、たくさん給与をあげましょう」という意味ですから、「認められている」という最もわかりやすいバロメーターになります。

  あるいは地位や役職が上がるということも「認められている」証明となります。


  ただし、金銭的報酬や地位・役職が上がることは「他者との比較」による『優越感』としての意味をもたらしてくれるものです。


  たしかに『優越感』はある意味においては『心の糧』になるかもしれません。

  「オレは優れているから他のヤツらよりも高い収入を得ている。」
「オレは勝ち組に入っているのだ。」という感覚を得ることができます。

 

  しかしながら一方では、会社や上司からどう評価されるか。そして社会からどう見られるか。つまり、「人からどう見られるか」を常に意識し、他人と自分を比較する毎日を送っているといえるでしょう。

  世間では「成功している人」と評価されながらも、ストレスとプレッシャーで不眠症になったり、どこかで虚しさを感じて悩む人が多いことも、この『優越感と劣等感との間における闘い』をしているせいではないでしょうか。

 

  私たちが心イキイキと働くに不可欠な『心の糧』である「承認の声」とは高い評価を勝ち取った「優越感」だけではなく、それ以上に大きな意味を私たちにもたらしてくれる、「自尊心」ではないでしょうか。

  「自尊心」とは、「自分は尊い存在である」という感覚です。
それは「優越感」と違い、「人から感謝される」、「人から喜ばれる」、「誰かが幸福になる手伝いができる」ときなどに得られる感覚です。

  「自分は必要とされる、たいせつな、尊い存在なんだ」という感覚です。

 

  ここで重要なことは、「優越感」と「自尊心」を一緒にまとめて『承認の声』としないことです。

  なぜなら「優越感」は自分ひとりの中で完結してしまいます。

  「自尊心」は人との繋がりを生み出し、人々の喜びや幸福の姿が、私の『心の糧』となり、さらに「自尊心」を高め、いっそう拡がってゆこうとするからです。

 

  ちなみに、前回のブログで紹介した青年は、現場の大工さんや作業員のおっちゃんの「ねぎらいと感謝の言葉」を受けて、さらに喜ぶ顧客の顔を想像して仕事をレベルアップしてゆきました。

  そして2年後、彼は渡米して最新のマーケティング理論を勉強中のようです。

  彼の目標は、「さらに人が幸せになるマーケティング」だそうです。


  あなたが求めているのは「優越感」ですか?


  それとも『自尊心』ですか?

 

ビジネス心理コンサルティング
林 恭弘

 


働く動機「何のために働くのか」

JUGEMテーマ:ビジネス


  ビジネス心理コンサルティングの林恭弘です。
  前回のブログ、働く動機「何のために働くのか」,琉き続きです。


  今や日本人で生活している人の働く動機である「食っていくため」は、生存に直接関わるものではなく、「人並みの暮らしの維持」であると述べました。
  しかしこれでは働く動機としてはいかにも弱い。なぜなら、「辛いことばかりの仕事の連続で、働く牋嫐瓩覆鵑討發Δ錣りませんわ。そやけど人並みの生活を維持していくためにはしがみついてでも働かざるをえないんでしょうな。」という思いが沈殿しているからです。


 しかしイキイキと働いている人がいることも事実です。ある講演会に登壇したときのこと、講演会後に私に声をかけてくれた青年がいました。20歳代後半ぐらいかと思われますが、私の講演に大変感銘を受けたのだと伝えに来てくれたのです。


 立ち話を少々させていただき、彼の仕事は自動販売機のメンテナンスの仕事であると教えてくれました。夏は炎天下、冬は氷点下にもなる厳しい環境での仕事です。
 「僕の職場の同僚たちは色々な理由を自分につくって辞めていく人が多いのです。『自分はこんな仕事につくために大学まで出たのではない』、『こんな仕事なら自分ではなくても誰でもできる』など、この仕事の意味を見つけられなくて離れていってしまうのですよ。残念なことです。」


 厳しい仕事ですから牋嫐瓩鮓つけられなければ、とうぜん長続きするものではないでしょう。しかも高い給与がもらえるわけでなければ尚更のことです。
 しかし彼は明らかに違うようでした。

 
  彼の仕事は担当エリアに設置されている自動販売機のメンテナンスです。飲み物の補充、機械の調整、集金などです。肉体労働をともなうある意味狠営瓦吻畛纏に見えるかもしれません。
 しかし彼は会社のマーケティング調査で決められた飲み物のラインアップだけに従った仕事をしないそうです。会社ではエリアごとにマーケティング調査がされ、周辺の居住者傾向・通学路・通勤路・時間帯などをデータとして考慮し、飲み物のレパートリーやラインアップを決定するのだそうです。
 それに従っていればある意味狠営瓦吻畛纏なのかもしれません。

 
  しかし彼は会社のマーケティング調査に任せきりではなく、時間をつくって自分の担当エリア内を歩いて回って見ると言います。
 そうするとマーケティング調査では表れない建設中のビルや、建築中の住宅が出てくるわけです。そして現場の大工さんや作業員さんは、特に甘い缶コーヒー飲料を好むのだそうです。
 彼はその情報を会社に報告し、交渉して現場周辺の自動販売機のラインアップを「甘い缶コーヒー飲料」にウエイトをかけます。すると売上高がまったく違ってくるのです。
 しかしどれだけ売り上げが増えても、給与にはさほどのフィードバックがないそうです。

 
  でも彼のモチベーションは給与だけではないようです。
 彼が飲み物の補充作業をしていると、休憩時間中のおじさんたちが声をかけてくれるのだそうです。「おにいちゃん、お疲れさん。おにいちゃんもたいへんやなあ。」ねぎらってもらえると嬉しいものです。
 さらに、「おにいちゃん、エエとこに目えつけてくれたなあ。ワシら体動かす仕事やろ。この甘いコーヒーが助かるんや。ありがとうなあ。」

 
  人は、自分の仕事をつうじて『誰かが喜んでくれた』ときに大きな充実感を味わうことができます。
 会社から受け取る給与はもちろん『生活の糧』として欠かすことはできません。

 
  しかし生活の糧だけではなく、人には『心の糧』が必要なのです。
 それが「ねぎらいや感謝のことば」などに置き換えられる、『承認の声』です。

 
  その『心の糧』がなければ、人は働く意味を見出せなくなります。

 
  働く動機「何のために働くのか」に続く・・・


 

  ビジネス心理コンサルティング
 林恭弘




働く動機「何のために働くのか」

JUGEMテーマ:ビジネス


ビジネス心理コンサルティングの林 恭弘です。

企業や団体の研修会に伺うと、私は講義の中で参加者に質問をよくします。
その中のひとつに「あなたはなぜ働くのですか?」という質問があります。これは今まで頻繁に投げかけてきた質問です。
それに対する返答でいちばん多いものが、しばらく考えられた末の、『いやー、まあ、食っていくためでしょうなぁ』というものです。
あなたならこの返答をどう解釈しますか?
「当然の返答ではないか」と思いますか?


私は至極当然の返答だと思います。
なぜならば、人間は霞を食っていくわけにはいきませんから、働くことの当たり前の動機としては「食っていくため」であり、「生きていくため」であるわけです。
しかし問題となるのは、この返答をする人たちに元気がない。高いエネルギーが感じられないことです。どうも溜め息まじりなのです。
『いやー、まあ、食っていくためでしょうなぁ。(はぁ〜)』というイメージです。
さて、同じ返答でもイキイキと溌剌と返してもらえれば我々も安心できます。『そりゃあ、食っていくためですよ!(ガッツポーズとともに)』
ところがやっぱり、心配になる溜め息まじりです。


現在の日本において『食っていくためだけ』に働いている人はいないと断言できます。
たとえば、今やホームレスの人たちの一番の関心事は「食えるかどうか」ではないのです。ではホームレスの人たちの関心事は何かというと『ヘルシー&ダイエット!』なのです。冗談を言うな!と思われるでしょうけれど、大都市圏を中心として生活習慣病になるホームレスが増えてきているそうです。
これは皆さんがご存知のとおり、コンビニやファーストフード店では手付かずの弁当やハンバーガーが時間単位で廃棄処分となっていきます。なんと!日本国内において毎日300万人分の弁当やハンバーガーが廃棄されています。そうすると店舗を見計らって食料を集めていくと、いくらでも『食える』わけなのです。
たとえ企業や団体に勤めて働かなくても、『食える』わけです。
しかも集めた弁当やハンバーガーを毎日食べ続けることで、高カロリーや高脂質の摂取により生活習慣病にもなります。ちなみに生活習慣病の中でもトップは「痛風」だと言われています。
だから大都市圏ホームレスの人たちの中では「トンカツ弁当」や「テリヤキバーガー」などを手に入れたとしてもあまり喜ばないそうです。それよりもカロリー表示を見ながら、「ありゃ〜、これ1000カロリー越えてるやないか。最近濃いーモン食い過ぎてるからコレやめといて、野菜サラダにしとこ」という様子だそうな。
そして「トンカツ弁当」は若いホームレス仲間に進呈して人間関係を良くするように計らうのだそうな。
つまり、飽食時代をはるかに超えた現代日本においては極端な表現をするなら、『働かなくても食える』わけです。


では現代日本において『食っていく』という意味は言葉どおりではなく、別の意味が含まれているということです。
その意味とは、「人並みの生活を維持する」という意味です。「人並みの住居に住み、人並みの食生活を営み、人並みに家電品を揃え、人並みにレジャーをそこそこ楽しみ、子どもにも恥ずかしくない程度の教育を施すことかできる」という意味なのです。日本は不景気でもやはりレベルが高いわけです。


しかし、『食っていくためでしょうな』と返答してくれる人たちの「働く動機付け(モチベーション)」低いはずです。なぜならばこの言葉を言い換えてみるとこうなるからです。「何のために働くのかって?今やよくわかりませんわ。上からは数字だけを押し付けられ、下からは納得できないと突き上げられ、顧客からはキツいことばかり言われてばかり。ストレスフルの状態になってます。できるもんなら全部を投げ出して逃げたい気分にもなるでしょう。まあそれでも人並みの生活を維持するためにはへばりついてでも働かざるを得ないのでしょうなぁ。」という意味になるのです。


今の日本に元気がないのはこのような意味合いの感覚が多くの人たちの心に沈殿しているからではないでしょうか。
つまり、『人並みの生活維持以外の、働く理由が見つからない』という下がりきったマインドです。このようなマインドではいくら数字を積み上げて成果達成を求められてもそれは無理難題というものです。
しかもマインド(心)は疲弊しきって病気になるメンバーが増えるばかりではないでしょうか。


人間は何事にも『意味を求める』生き物です。
意味を見いだし、心を弾ませなければ高いモチベーションを維持して成果を達成することなどできません。


では『働くことの意味』と、『それを見いだす方法』を次回以降で考えていくことにしましょう。



ビジネス心理コンサルティング
林 恭弘


| 1/1PAGES |

当サイトの画像や文章、コンテンツを、転載・二次加工することを禁じます
Copyright (C) 2010 ビジネス心理コンサルティング All Rights Reserved.