calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

『子どもたちとのコミュニケーション』

JUGEMテーマ:今日の日記
JUGEMテーマ:ビジネス

 
ビジネス心理コンサルティング
の林 恭弘です。


今日は『子どもたちとのコミュニケーション』について。


保護者と教師を含めた私たち爛トナ瓩蓮◆崋分の意見をはっきり言いましょう」と子どもに教えるようになりました。
しかしそれは、「自分の意見をはっきりと言ってほしい」という爛トナの期待瓩ら来ている指導ではないでしょうか。
なぜならば「はっきりと言語化して表現してくれた方がわかりやすい。あるいはオトナにとっても明確に理解でき、対処もシンプルだから」ということも背景にあるからでしょう。


しかし私たちは爛トナ瓩砲覆辰討靴泙Δ函↓爛灰疋發罎┐了情瓩鬚匹Δ睨困譴討靴泙Δ茲Δ任后
あるいは「自分の意見をはっきり言おう」と指導しているオトナは、例外的に子どものころから「はっきり言えるコドモ」だったのかもしれません。
大多数の子どもたちは、獲得している語彙も少なく、あるいは恥ずかしさや恐れ、照れなどによって、他人に対してペラペラと明瞭に意思や気持ちの表現などできないものです。 
ほんとうに感受性が優れていて、言葉を大切に扱う子は「理解してもらえるかな?」「変な子だと思われないかな?」「相手が傷つかないかな?」など敏感になることから口ごもって「シャイ」になるはずです。


保護者や教師が子どもとのコミュニケーションで大切なことは、何を言っているのかはっきりわからないことを受信する能力のことではないでしょうか。
「子どもの話をよく聞こう」と誰もが言っているわけですが、結局言葉だけを待ってしまって、子どもが発している信号には反応しない、あるいは出来なくなっているのです。
それは微妙な表情筋の動き、あるいは空気の動きからコミュニケーションが始まっていることをまずは認識することでしょう。
コミュニケーションは、「コトバ」ではありません。その子どもの内面があらゆる感覚器官を通じて反映されているはずです。それを感じ取ることこそが「コミュニケーション」であるはずです。
そしてその犹劼匹發らのメッセージ瓩魎兇玄茲襪燭瓩防要不可欠なことがあります。それは相手を認知すること。つまり相手の存在をちゃんと視野に入れるということです。

 
爛トナ目線のコミュニケーション瓩鮓討咾けるのではなく、爛灰疋睨椣未離灰潺絅縫院璽轡腑鶚瓩魍悗屬海箸「いじめ防止」「子どもの自殺防止」につながると確信する次第です。

 

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
林恭弘より


この記事のトラックバックURL
トラックバック

当サイトの画像や文章、コンテンツを、転載・二次加工することを禁じます
Copyright (C) 2010 ビジネス心理コンサルティング All Rights Reserved.