calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

archives

「活かせるビジネス心理学シリーズ」

JUGEMテーマ:今日の日記
JUGEMテーマ:ビジネス


「活かせるビジネス心理学シリーズ」
 

『創造的な仕事を生み出すモチベーション』
 

 あなたもご存知かもしれませんが、モチベーション(動機づけ)についての研究成果として一般的によく認知されているものに、「外発的動機づけ」と「内発的動機づけ」があります。
 
 
 「外発的動機づけ」とは、他者(上司、会社など)から与えられる要因(誘因)によってモチベーションを与えようとするものです。そう、たとえば「昇給してあげるよ」とか、「ボーナスをはずむよ」とか、「ポジションを上げてあげるよ」とか猊床舛鰺燭┐覘瓩海箸砲茲辰騰爐笋覽き瓩魄き出そうとすることです。あるいは猊床銑瓩任垢ら、「期待に応えなければ報酬は与えないよ」とか、「従わなければ非難するよ」という、狄賞必罰瓩弔泙蝓屮▲瓩肇爛繊廚妊皀船戞璽轡腑鵐灰鵐肇蹇璽襪靴茲Δ箸いΔ發里任后
 
 
  一方「内発的動機づけ」は、あなた自身が狒宛きに行動しようという心のエネルギーを畆らが生み出す要因(動因)です。「面白そうだなあ(知的好奇心)」「ぜひやってみよう(自己決定感)」「なんとか頑張るぞ(自己統制感)」「よーし!自分にもやれたじゃないか(自己有能感)」「自分を見守ってくれる人たちがいるから乗り越えるぞ!(他者からの受容感)」などの自発的な動機です。
 
 
  成果主義をすべて否定するわけではないのですが(個人の成長と仕事のプロセス、結果・成果を明確にすることは重要です)、「外発的動機づけ」が根っこにある成果主義はある状況では人を萎縮させ、心を傷つけ、したがって猜歐鉢瓩箸いΧ気が職場に蔓延していったのです。その結果、本来人間が求める「知的好奇心」「自己統制感」「自己有用感」「他者からの受容感」を奪っていきました。
 
 
  しかし「内発的動機づけ」が根っこにあるのなら、人を支え(適切なサポート)、励まし、成長を喜び、存在に感謝するはずです。そしてあなたは「自分はどんどんよくなれる」「自分はますます成長できる」「自分の未来に明るい世界を感じることができる」という心のエネルギーの源を得ることができるはずです。
 
 
  しかしこのようなことは、私たちはすでに先人たちから教わっているはずなのです。
 
 
  『やって見せ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ』
 
 
  『話しあい、耳をかたむけ、承認し、任せてやらねば、人は育たず』
 
 
  『やっている姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず』
 

                                       (山本五十六)

--------------------------------------------------------------------------------

 
☆数々の企業研修で実績を挙げてきたマネジメント研修の個人版を公開します!
 

【極】 マネジメント道 !
 
(「ココロのMBA」日本ビジネス心理学会 資格認定講座)
 

日時:2014/07/12(土) 13:00 〜 17:00(受付12:50〜)
場所:東京駅八重洲口 貸会議室プラザ 八重洲北口 5F
 

セミナー申し込みは↓
http://kokucheese.com/event/index/164073/
 
http://jinjibu.jp/seminar/detl/25283

 

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
林恭弘より


この記事のトラックバックURL
トラックバック

当サイトの画像や文章、コンテンツを、転載・二次加工することを禁じます
Copyright (C) 2010 ビジネス心理コンサルティング All Rights Reserved.