calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

ココロが元気になるブログ その七

JUGEMテーマ:今日の日記

JUGEMテーマ:ビジネス

 

ご訪問いただきありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの林 恭弘です。

 

『4つの発想の前提』

 

前回はブリーフセラピーの4つの発想の2つ目、

『小さな変化は、大きな変化を生み出す』

についてふれました。

 

今回は【発想の前提】の3つ目についてお伝えします。

 

<発想の前提3―解決について知るほうが、

                  問題と原因を把握することよりも有用である>

 

あなたは「問題思考」ですか?それとも「解決指向」でしょうか。

医学も心理学も、「問題思考」で対処することのほうがいまだに多いようです。

たとえば、頭が痛い、お腹が痛い、発熱したなどの症状が出ている場合、どのような細菌やウイルスに感染したのか調べて対処することが必要となります。そして問題を起こした細菌やウイルスを特定して、やっつけるために適切な抗生物質などを投与します。

 

心理学でも、子どもが不登校になると臨床家は「なぜこの子は不登校になったのか」という原因を見つけるためのカウンセリングなどを行います。

それは、その子の集団適応力の低さだったり、母親の関わり方だったり、家族関係が影響している、などのようにやはり「問題の原因」を探ろうとします。

 

もちろん、「問題思考」が必要な場面はあります。しかし「問題思考」は、ときには「犯人捜し」に向かってしまい、前に進むことができなくなることがあります。

 

「どうして今回のようなミスを繰り返すのか」という、「問題思考」で部下を見つめると、本人を含めてイヤな空気が職場に漂います。暗い気持ちで仕事をして、効率が上がるとは考えにくいですよね。

しかも、その部下はまた同じミスを繰り返してしまいそうね気がしませんか?

 

でも、「どうしたら次はうまくやれると思う?」という質問を発するほうが建設的ですし、職場の空気も軽くなり、本人だって前向きな気持ちで解決策を考えることができるでしょう。あるいは、同じミスを繰り返すのであれば、彼(彼女)にはそれ以外の業務の方が能力を発揮できるかもしれません。

 

「欠点を直そうとするよりも、長所を伸ばすことを考えろ」という発想も「解決指向」ではないでしょうか。ビンビンに長所を伸ばせば、欠点なんて愛嬌のようなものです。

 


***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
林恭弘より


この記事のトラックバックURL
トラックバック

当サイトの画像や文章、コンテンツを、転載・二次加工することを禁じます
Copyright (C) 2010 ビジネス心理コンサルティング All Rights Reserved.