calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

『現場で必ず活きる!管理職研修』

JUGEMテーマ:今日の日記

JUGEMテーマ:ビジネス

 

ご訪問いただきありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの林 恭弘です。

 

<研修をしっかり実施しているのに、

                     なぜ現場で活用されないのだろう?>

 

前回『現場で必ず活きる!管理職研修』ラーニング・ピラミッドでも触れましたが、「講義」による学習定着率はたったの5%という低い効果となります。それは「理性」に訴えかける要素が「効果薄」だということです。

 

人間は「理性の動物である」とは言いますが、ラーニング・ピラミッドを参照する限りではどうも違うようです。もちろん人間には「理性もあるが」「感情の動物である」ということが正解のようです。

これは教育研修などにおいても有効活用するべきです。講義などを通じて、論理的に理解・納得しないことにはビジネスパーソンはその後の事柄を受け入れません。しかし納得という「心を開いた状態」になれば、それ以降は大いに感情に訴えかけるべきです。

 

私たちは研修カリキュラムの中に、かなりの数の「エピソード」や「ストーリー」を取り入れています。それはすべてが実話で、しかも「ココロ揺さぶられる」ような「感動のストーリー」です。ビジネスの現場でのエピソードもあれば、家族との感動のストーリーもあります。

それは受講者の皆さんに「映像」として受け取っていただくとともに、深い感動として心に焼き付けていただき、長い期間にわたって持ち続けていただくことができるからです。

 

そして私たちは「感動」という言葉を頻繁に使います。「理動」つまり、「理屈で動く」という言葉は存在しません。感動して、「そうか、自分もやってみよう」と思い、行動していただくために「エピソード」と「ストーリー」を使うのです。

そしてその感動と行動が成果を生み出すことにつながっていくのです。

 

 

***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
林恭弘より

 

 


この記事のトラックバックURL
トラックバック

当サイトの画像や文章、コンテンツを、転載・二次加工することを禁じます
Copyright (C) 2010 ビジネス心理コンサルティング All Rights Reserved.