calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

マネジメント・ライセンス・プログラム

JUGEMテーマ:ビジネス

JUGEMテーマ:今日の日記

 

マネジメント・ライセンス・プログラム

〜管理職 心の運転免許取得研修〜

 

ご訪問いただきありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの林 恭弘です。

 

マネジメントが有効に機能する順序とは

.蝓璽澄爾凌念 ⊃頼関係 成長 っ成

 

まず、部下や職場のメンバーとの「信頼関係」を築くことからマネジメントは機能していく、ということは皆さんも確信されていることだと思います。

では、「信頼関係」とはどのように築かれるのかというと、会社組織の場合では「上司がどのような人間であるか」をメンバーが認識することから始まります。

 

「どのような人間であるのか」という認識とは、

◆仕事観【私たちは何のために存在するのか?何のために働くのか?】という信念

◆人間観【メンバーをどのような存在として観ているのか?】という信念

◆人生観【自分はどのような人生を生きたいのか?】という信念

のことです。

 

このことをコンピュータに置き換えて説明すると、私たち個人をハードウェアとします。

個人はすでに様々な能力を有しているかもも知れません。

前号では「高い成果を挙げた社員・職員がマネジメント職に就かれる」と述べましたが、優秀なプレイヤー(実務者)は、高いIQや記憶力、また身体能力を有していらっしゃるはずです。

 

では、その優秀なマネジメント職がチームや組織のメンバーの成果やパフォーマンスを上げているかというと、比例していないのが現実です。

そうです。「名プライヤー=(すなわち)名コーチ」ではないということです。

 

そこで、なんとか「名コーチ」になってもらうために、部下・メンバーを積極的な行動に駆り立て、成果を挙げるための爛好ル瓩鮟得してもらうために教育・研修などが必要になるわけです。

 

ただし、メンバーとの信頼関係を築けていない状態での「スキル・テクニックの使用」は逆に猜疑心を生み出し、関係性を悪化させることにもつながります。

「ああ、そのスキル、本で読んだことがあります」

「私たちをうまく使うために言っているんでしょ」

「この人、やっぱり犂浜する役割の人瓩覆鵑澄廚箸いΕ譽奪謄襪鯆イ蕕譴討靴泙い泙后

 

もちろん、私たちは「効果的なスキルやテクニック」は駆使するべきだと考えます。

限られた時間において、最大の成果を生み出すためには「背中で見せる」「知恵と技術は先輩から盗め」など、本来では理想的な育成法でも、現在の実情と合わない側面もあります。

最短で成果を挙げるためには「効果的なスキルとテクニック」は不可欠になっています。

 

ただし、その「効果的なスキルとテクニック」を起動させるのが、「OS」つまり「信念」です。

くり返しになりますが、仕事観・人間観・人生観という「その人の人間性」、つまり「腹の内」をメンバーたちは敏感に感じ取り、マネジメント管理者の言動を判断しているのです。

 

マネジメント・ライセンス・プログラム「心の運転免許取得研修」は、「信念」というOSを起動させた上での「効果的なスキル・テクニック」を活かす設計をしています。

 

そして「信念の確認」「信念の構築」については研修で使用するワークシート、そしてグループディスカッションにて進めてまいります。

そして研修内容の進行とともに、信念について考え、構築する構成となっています。

 

リーダー・管理者の信念が及ぼす影響に関して、下記のような事例があります。

 

期待が部下を動かす

〇マネージャーが部下に何を期待し、またどのように扱うかによって、部下の業績と将来の昇進がほとんど決まってしまう

 〇優れたマネージャーの特徴とは、「高い業績を達成できる」という期待感を部下に抱かせる能力(言動・姿勢)を有していること

〇無能なマネージャーは、このような期待感を植え付けることができず、その結果として部下の生産性も向上しない

〇部下は部下で、自分に期待されていると感じていることしかやらない傾向が強い

 

 例: 生命保険会社営業部門での実験

●最も優秀な新人営業職員6名が、これまた最も優秀なアシスタント・マネージャーの下に配属された。(スーパー・スタッフと命名)

●平均的な新人営業職員6名を、同じく平均的なアシスタント・マネージャーの下に配属した。

●実力に劣る営業職員たちは、最も能力に乏しいアシスタント・マネージャーの下で働くように命じられた。

 

その結果、

●スーパー・スタッフのグループは強気にはじいた予測さえ、はるかに上回る業績を達成し、代理店全体の1年間の業績は40%も向上し、定着した。

●最下位グループの生産性はさらに悪化し、しかも退職者が増えた。

●ところが、平均的な新人営業職員のグループの業績が著しく向上した。平均的なアシスタント・マネージャーはメンバーに、「このグループのメンバーはみんなスーパー・スタッフのメンバーよりも優れた潜在能力を持っている。ただ保険営業の経験が不足しているだけだ」と語り続けた。

 

例:教育現場でも

●生徒に比較的ゆっくりと学習させるように訓練された教師

●生徒が優秀な知力と学習能力を有していると信じ込まされた教師

 

 その結果、

●後者の教師に教えられた生徒の方が勉強の進捗が速かった。

 

『人は、遇されたような人間になっていく』 ゲーテ

 

マネジメントに必要なことは、スキルやテクニックではなく、思考・マインドだということはすでに証明されていると言ってもいいでしょう。

 

***ビジネス心理コンサルティング ***

*******BMC*******

林恭弘より


この記事のトラックバックURL
トラックバック

当サイトの画像や文章、コンテンツを、転載・二次加工することを禁じます
Copyright (C) 2010 ビジネス心理コンサルティング All Rights Reserved.