calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

『働く人改革』 〜松下幸之助に学ぶ、働く人のマインドセット〜

JUGEMテーマ:今日の日記

JUGEMテーマ:ビジネス

 

ご訪問頂きありがとうございます。

ビジネス心理コンサルティングの林 恭弘です。

 

現在、各企業・団体は「働き方改革」に取り組んでおられることと思います。しかしながら、残業削減や労働時間の短縮、ワークライフバランスなど「仕組みの改革」だけではなく、ソフト、つまり「働く人改革」が不可欠ではないでしょうか。

それはつまり、私たちが何を目指し働くのか(目的意識)、どのようなことを達成しようとしているのか(目標設定)、したがって、どのような意識で取り組むのか(意識の醸成)ということです。

このシリーズでは、成果を達成するために必要不可欠な「働く人のマインドセット」としてお届けします。

 

【シリーズ 何を売るのか】

 松下電器がヨーロッパに進出して間もないころ、幸之助は視察の途中、ハンブルク松下電器駐在所に立ち寄った。そこで日本から出向している駐在員と懇談会を持った席上のことである。

 ドイツ、オランダ、ベルギーの製品と比べて松下電器の製品はまだまだ追いついていないこと。さらに言葉も文化も違う欧州での販売活動がいかに厳しくたいへんであることを認め、駐在員たちの苦労と努力をねぎらった。

 そして三年間で欧州の製品に負けない、高いレベルの製品を開発して届けることを約束した。その言葉を受け、駐在員たちは大喜びをした。

 さらに幸之助は次のように続けた。「一つ君たちにお願いがある。ぼくは三年間かけて強い商品をつくる約束をした。しかし三年たって良い商品ができたとしても、そのときそれを売る販売網が無ければなんにもならない。今日松下の販売店網は、ヨーロッパのどの国をとっても残念ながら弱い。これを強くしてもらう必要がある。この三年間でヨーロッパ各国の販売店網をもっと強くしてほしい。強い商品が出てきたときには、それをきちんと売れるだけの販売店網を、今から心がけてつくりあげてほしい」

 

 しかし駐在員たちにとってはその願いは意外なもののように聞こえた。弱い商品、欧州の製品に追い付いていないからこそ、販売店網を築くことに苦戦しているのであって、この三年間で販売店網を築けとは矛盾しているのではないかと、駐在員の一人は率直に述べた。

 しばらく沈黙が続き、会議室は重苦しい空気に包まれた。やがて幸之助は駐在員たちをひとまわり見まわした後で口を開いた。

 松下電器は商品を売る前に、君たちに売ってほしいものがある。それは松下の経営理念や。松下の経営の基本的な考え方や。商品を売る前に、お得意様に松下の経営理念を売ってほしい。松下の経営の考え方、精神を売ってほしい。それが松下の商売の基本や。今の商品でもこれならできる。いや、今の商品よりも強い商品が出てくることが分かっておれば、なおのことこれができる。これを徹底的にやってほしい」

 

【自分を売る】

 商いの基本は「まず、自分を売れ」と言われてきました。それはどのような思いで自社の商品やサービスを開発しているのか。どのようにお客様に役立とうとするのか。どのように末永くお客様と関わり、互いにより良いものを育てていこうとするのか。そのような理念を丁寧に伝え、理解していただくということではないでしょうか。

 もちろん、どの会社にも経営上の果たすべき販売額や利益があります。しかし理念を自分たちでも持たず、確認せず、したがってお客様にも伝えず、数字だけを獲得しようとしても、無理矢理売りつけるようなことになりかねません。そこでは社員も疲弊し、お客様との信頼関係も築けないでしょう。

 今一度、「私たちは何のためにこの商品、サービスを開発し、何のためにお客様に提供しようとするのか」ということを明確にしなければなりません。

 


***ビジネス心理コンサルティング ***
*******BMC*******
林恭弘より


この記事のトラックバックURL
トラックバック

当サイトの画像や文章、コンテンツを、転載・二次加工することを禁じます
Copyright (C) 2010 ビジネス心理コンサルティング All Rights Reserved.